腸活 サプリ

腸活ダイエットとは

 

腸活ダイエットというダイエット方法が人気です。これはただのダイエットをするのではなく、腸内環境を整えることで体の中から健康づくりを行い、その結果痩せるというダイエット方法。特に便秘がちな人に効果的です。

 

人間は食事をしてから体内に吸収されるまでに長い時間がかかりますが、体が栄養を吸収するのは主に腸からです。この腸で吸収されなかった食べ物は便として排出されてしまいますから、理屈では食べたとしても排出量が増えるなら吸収しているエネルギー量は少なくなり、体の中にあるエネルギーを利用するしかなくなるため次第に痩せていきます。

 

しかしだからと言って消化や吸収の機能を弱らせてしまっては健康上のリスクがあります。ではどうするのかというと、腸の働きを活発にしてさっさと食物が腸を通過するようにするのです。快便な人はほぼ毎日、そして多い人は日に数回も便をしますが、それは腸を食物が通過するスピードが速いからなのです。

 

どのようにするとそんな腸に作れるのかというと、食物繊維や発酵食品などが有効です。食物繊維は腸で善玉菌のエサとなる他、消化されずに腸内で水分や他の食物を絡め取って大きな便を作り、さらには腸を刺激して活動を活発にしてくれます。発酵食品はその中に微生物を含んでいますが、これらが腸内で善玉菌となって働いたり、また体内でエネルギー代謝などを活発にしてくれるのです。

 

腸の調子が良くなれば快便にもなり、肌もきれいになり、太りにくくなります。一般的なダイエット方法と比較すると体重の減るペースは緩やかですが、リバウンドしにくくそして体重以上にスタイルに良い影響が出るそうです。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

腸活では副交感神経を優位にする

 

腸活の目的のひとつは、自律神経を適度なところに整えるということがあります。自律神経というのは私たちの意識によらず自動的に活動している部分をコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経のバランスによって成り立っています。主には交感神経が活動的に体を切り替えるように作用し、副交感神経がリラックスして体が休めるように体を切り替えてくれます。どちらかが過剰になると体や心にトラブルが生じるようになるのでバランスが大事とされています。

 

腸は脳、自律神経と非常に密接な関わりがあるのですが、腸活においては副交感神経を重視するべきでしょう。交感神経は緊張やストレスによって強まりやすく、そのために腸の働きが弱まってしまいやすいほか不眠などの現代的な病の原因になります。腸の働きを活発にするには副交感神経を主に刺激してあげて、体や心を休ませると共に腸の働きを促して栄養の消化吸収、そして老廃物の排出をすすめてあげるようにします。

 

リラックス時に副交感神経が働きますから、要はリラックスを促してあげて、それによって副交感神経を刺激してしまえばよいのです。腸内環境が悪い人、腸の働きが悪い人は交感神経が優位なことが多いですから、まずはしっかりリラックスするようにしましょう。自律神経が整うと心身に良い影響が現れるようになります。毎日の生活がスッキリするようになって良いリズムで生活出来るようになりますから、ぜひ試してみてください。

 

腸活と睡眠不足の解消

 

腸活が話題になっていますが、運動や食事によって腸の活動を整える腸活は、実は睡眠不足の改善にも効果があるそうです。
腸活の効果は美肌だったりダイエットだったり便秘解消などが頭に浮かぶと思いますが、他にも多くの健康効果があります。がん予防や生活習慣病の予防などその種類は非常にに多いのですが、そこまで大きな病気でなくとも一般的な悩みとして多い睡眠不足の改善などにも有効です。腸の調子がよくなれば新陳代謝が高まって、睡眠中の体の修復作業の効率が高まるようになります。

 

また腸の活動が活発になることにより睡眠の質を高めてくれるメラトニンに対しても良い影響が出ると考えられています。その理由はメラトニンを作るもとになるホルモンであるセロトニンの90%以上は腸内で作られているからです。そのため腸の健康状態を改善することによって不眠症の改善が出来る場合もあります。小さい子供はメラトニンの分泌量も多いのですが、子供の時期はまだ腸内環境が良好で便通も良好なことから、腸の働きが非常に活発であることが分かります。その時期は睡眠時間も長く、夜間に起きることもあまりありません。

 

腸内環境と睡眠は切っても切れない関係であることは多くの側面から見ても明らかです。ですから眠れない、眠っても思ったほど疲れが取れない、そういった人は腸内環境を整えるようにしてみるのが良いでしょう。

 

腸活のためのヨガが有効

 

腸活ヨガという言葉があるのをご存じでしょうか。腸に効果のあるヨガということになりますが、これも腸活のひとつとして多く行われています。腸活のためのヨガは素人でも出来るような簡単なものですから、それほど意識する必要はありません。

 

便秘になる理由は様々ですが大きな要因のひとつがストレスです。腸は脳と非常に密接に関わっているため、ストレスの影響を強く受けます。ストレスが強くなると、すぐに自律神経に影響が出て腸のぜん動運動が弱り、そのために悪玉菌が増えてしまって腸内には有毒ガスが多くなり、その結果全身にもトラブルが生じてストレスが増えるようになるという悪循環が起こるようになります。腸がストレスを感じてしまえば腸が正常な動きをせず、便秘や下痢なども起こりやすくなるのです。

 

腸ヨガが有効だとされているのは、もちろんポーズをとることによる運動効果もあるのですが、何よりもその呼吸を深くすることによって、自律神経の副交感神経に働きかけることが出来るのが有効だとされています。副交感神経はリラックスしている時に優位になるものですが、これが内臓の活性化に有効なのです。

 

ヨガのポーズとしては、横向きに寝ながら下の腕を伸ばして頭を乗せます。そして腰、お尻、内ももの筋肉を締めつつ足を上げる「マーメイドのポーズ」。これをしながら深く呼吸を数回行いましょう。終わったら反対側もやってみてください。難しい運動ではありませんが、意識しないと継続が途切れてしまいやすいので注意しましょう。ちょっとした合間の時間に行うようにすると良いですよ。

腸内環境が良くなるとメリットが多い

 

最近注目されている「腸活」ですが、腸内環境を整えて体の内側を整える取り組みを言います。腸を元気にするというと便通の改善ばかりが思い浮かびますが、実は身体全体の不調を整えることも出来るのです。

 

腸内環境が悪化すると、肌への悪影響が生じるとよく言われます。具体的には肌が荒れ、ニキビのような発疹が生じやすくなります。これはどうしてかというと、腸内環境が悪くなることによって体の免疫力が低下してしまうためです。体内の免疫細胞は、70%以上が腸に集中していると言われていて、腸の働きが正常でないのなら免疫細胞たちもうまく働くことが出来ず、体は外部からの様々なダメージなどに弱くなってしまうのです。

 

腸内環境が悪いと腸内で食物を分解し消化する時に毒素が多く作られてしまい、その結果体の調子が悪くなってしまいます。毒素は腸壁を通って血液に入り、全身をめぐるようになってしまうからです。場合によっては体臭や口臭の原因にもなり、様々な悪影響をもたらします。逆に腸内環境が良くなると、ダイエットにも有効ですし、むくみ解消や肌荒れの改善、免疫力の向上による病気知らずになるなど様々な健康効果が期待出来ます。

 

腸内環境を整えることは体にとって多くの有益をもたらします。昔から言われているようにお腹に良い乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取して増やすこと、それが腸内環境の改善の最も効果的な方法です。